Galaxy S9 plus vs Huawei P20 Pro – アプリ動作スピード比較

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

Video is ready, Click Here to View ×


S9+、P20 Proともに海外版端末となります。

※2018年5月16日追記
1:13頃にP20proにて省電力の警告が表示されていますが「省電力モードを有効」の赤文字をタップしないと省電力モードは有効になりません(動画では通知をスワイプで消しただけです)。そのため、テストのパフォーマンスには影響ございませんが、紛らわしい動画となってしまい、誠に申し訳ございません。
(本動画でのP20 proは海外版であり、国内販売予定のものとは異なります)
(両端末ともWiFi接続によるテストです)
海外版では同様のバグ?が報告されているようですのでご参考下さい。

Share.

About Author

12 Comments

  1. AQUOSなんかはバッテリーが残り少なくなるとCPUのクロック周波数を下げるようチューニングされてる。HUAWEIがどう設定しているのかはわからないが、XPERIAでも50%辺りと20%を切る辺りでは動作に明らかな差があるから、P20にもそういったチューニングがされてる可能性がある。どちらにせよ充電残量に明らかな差がある中での比較はネガキャンと取られて当然だと思う。

  2. マップがカクついているのはキャッシュがまだ生成されていない事に起因していますね。俺のMate 10(P20 Proと同じSoC)も買った当初はマップでの挙動がおかしかったですが、今はどんなに激しく移動しようとヌルヌル指の動きに付いてきます。2、3回使ってれば解決する問題なのであまり気にしなくても良いですよ。

  3. テストのパフォーマンスには影響はないと書かれていますが、省電力モードの通知が出たっていうことは裏で「20%以下の判定」、「再度通知を出すかの判断」、「(もしかしたら)能動的な省電力モードではないが最低限の省電力」等が常に動いている可能性もあり、何らかの影響が考えられると思います。ソフトウエアの中身が分からない限り100%パフォーマンスに影響がないと言い切れないのではないでしょうか?同じ結果になるかもですが、ぜひ20%以上で再テストしてほしいです>?

  4. なんでファーウェイは充電20%以下の状態をチョイスしたの?そんな状態のものと比較して、なんの判断材料になるの?真っ当な理由があるなら教えてほしい。

    フェアじゃないし、ファーウェイ貶してるだけじゃん。